まーくんのラーメン禁断症状

神奈川と東京を中心にお勧めのラーメン屋さんを紹介しています。

新羽「ハイパーファットン」 真のファットンを具現化したラーメンとは!?

ハイパーファットン

外観

新羽の「ハイパーファットン」へ訪問。

こちらは白楽にある「ファットン」の二号店になります。2017/8/18オープン。「真のファットンを具現化したラーメンを提供する」というコンセプトだそうです。


券売機

現在はラーメン、赤ラーメン、汁なしを展開。そのうち限定も始まりそうですね。

麺量の案内

麺量の案内。ミニは茹で前の麺量150g、小は300g、大は450gとのこと。
これだけ丁寧に書かれているお店も珍しいですが、食べられないのに無茶な頼み方をする人もいますからね。

無料トッピングの案内

無料トッピングの案内。提供時に聞かれます。こちらも丁寧な説明書きがあって分かりやすい。

今回はミニラーメンにコールはニンニクマシでお願いしました。


水と箸とレンゲ

水と箸とレンゲはセルフサービス。座席後方の置き場から自分で取りに行く形でした。
水はともかく箸とレンゲはカウンターに直で置きたくないので、これだけは改善してほしいなと思いました。

ミニラーメン(ニンニクマシ) ¥700

ミニラーメン

提供。ヤサイの盛りはノーマルでも結構な量でした。

スープ

スープはとろみのある乳化スープ。甘めなスープは豚骨の旨味十分。二郎系特有の中毒性はあまりないので、カラメコールもしても良かったかもなと思いました。

麺リフト

麺は朝日製麺製の特注の平打ち麺。柔らかめでデロンとした麺は乳化したスープにとてもマッチしています。ファットンと違い自家製麺ではありませんが美味しいです。

豚

豚はとても柔らかくホロホロに仕上がっていました。美味しい豚です。
ヤサイはキャベツの比率が高めだったのは嬉しいところ。

美味しく完食。ミニでも十分満腹になりました。


ただの支店ではなくファットンときちんと差別化が図られていて、これからファットンとハイパーファットンどちらに行くか迷いそうです。

ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 ハイパーファットン
住所 神奈川県横浜市港北区新羽町1688-1 1F(地図
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン 新羽駅より徒歩2分
公式サイト
レビューサイト