まーくんのラーメン禁断症状

神奈川と東京を中心にお勧めのラーメン屋さんを紹介しています。

内幸町「Ramen ドゥエ Edo Japan」(1)高級志向なラーメン店でした。

Ramen ドゥエ Edo Japan

外観

内幸町の日比谷パークフロントにある「Ramen ドゥエ Edo Japan」へ訪問。

こちらは2017/6/19オープン。市ヶ谷の「ドゥエイタリアン」の新業態のお店になります。


メニュー

この日に提供していたメニューはオープニング期間中とのことで、まだフルラインナップではないようでした。ほとんどが1000円前後とラーメンにしては高価格帯。

今回は醤油らぁ麺をオーダーしました。

お冷や

着席して提供されたお冷や。店内もスタッフさんの制服もそうなのですが、高級志向なお店を目指しているようでした。

醤油らぁ麺~小豆島のオリーブの香り~ ¥1000

醤油らぁ麺~小豆島のオリーブの香り~

ほどなくして提供。楕円形の器での提供でした。

スープ

鶏油たっぷりで円やかな口当たり。鶏油の甘味と醤油のコクがバランス良くマッチ。名前にあるオリーブオイルの香りはあまり感じられなかったけど、とても美味しいスープでした。

麺リフト

麺はしなやかな中細ストレート麺。喉ごしも良い感じ。

鴨チャーシュー

具では適度にレア感を残した鴨チャーシューが絶品。ワンタンは餡は少なめですが、皮のチュルンとした食感は非常に僕好みでした。


食べる前は強気な価格設定だなぁと思いましたが、これだけの美味しさなら納得と言ったところです。

ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 Ramen ドゥエ Edo Japan
住所 東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロントB1(地図
アクセス 都営地下鉄三田線 内幸町駅より徒歩4分
東京メトロ丸ノ内線他 霞ヶ関駅より徒歩4分
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩6分
公式サイト
レビューサイト

伊勢佐木長者町「地球の中華そば」(24)海老ワンタン醤油そば

地球の中華そば

外観

伊勢佐木長者町の地球の中華そばへ。


お目当ては醤油つけそばだったのですが、あいにくの売り切れ。僕が着いた時に樋上店主が目の前で売り切れツイートしていました(泣)
まぁ仕方ないですね。こういう事も含めて楽しむのが麺活とも思っています。

代わりに今回は海老ワンタン醤油そばをオーダーしました。

海老ワンタン醤油そば ¥950

海老ワンタン醤油そば

ほどなくして提供。

スープ

重厚な旨味が口に広がる清湯スープ。何度食べても美味しいです。

麺リフト

若干平打ち気味な中細ストレート麺。スープの持ち上げも良く喉越しも良い。完璧ですね。

海老ワンタン

プリプリの海老ワンタンは相変わらず絶品。正直、これが食べたくて、ここに通っている部分はあります。


お目当てこそフラれたものの今回も大満足。やはりここの醤油は個人的にドストライクだなぁと思いました。

醤油つけそばはまた近いうちにリベンジしに行きます。ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 地球ほし中華ちゅうかそば
住所 神奈川県横浜市中区長者町2-5-4 夕陽丘ニュースカイマンション101(地図
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅より徒歩4分
JR根岸線他 関内駅より徒歩9分
JR根岸線 石川町駅より徒歩10分
公式サイト
レビューサイト

蒔田「札幌ラーメン北斗」(5)一激味噌は食べやすい旨辛な味噌ラーメン。

札幌ラーメン 北斗

外観

遅めのランチになってしまったので蒔田の札幌ラーメン 北斗へ。暖簾を新調されたようですね。


今回はレギュラーで未食の一激味噌ほっちゃれ飯をお願いしました。

一激味噌 ¥900

一激味噌

ほどなくして提供。赤いスープが食欲をそそられます。

スープ

スープはほどよい辛さの中に味噌の甘味も感じられます。パンチのあるタイプとは異なり、比較的食べやすい辛味噌と言ったところでしょうか。

麺リフト

小林製麺の縮れ麺。スープが辛いのでより一層甘さが引き立つように感じられます。
そこに加わる炒め野菜のシャキシャキ感や白髪ネギのアクセントも良い感じです。

チャーシュー

脂身の少ないチャーシューは相変わらず大判で厚めなのは嬉しいところ。

ほっちゃれ飯 ¥350

ほっちゃれ飯

こちらはたっぷりの刻みチャーシューと青唐辛子がのったご飯。200円で小にもできるそうなのですが、それだと物足りない気がするので、ついつい普通盛りを頼んでしまいます。

一激味噌とはまた違った青唐辛子の爽やかな辛さでご飯が進みます。食べ応えのあるボリュームでしたが、こちらも完食。


どちらも旨辛でお腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 札幌さっぽろラーメン 北斗ほくと
住所 神奈川県横浜市南区宿町1-18-1 武藤ビル1F(地図
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン 蒔田駅より徒歩6分
京浜急行線 南太田駅より徒歩7分
公式サイト
レビューサイト

弘明寺「弘明寺丿貫(ぐみょうじへちかん)」(1)関内の大人気店「丿貫」の二号店がオープン!

弘明寺丿貫

外観

弘明寺の「弘明寺丿貫」にオープン初日の訪問。

こちらは関内の大人気店「丿貫」の二号店になります。横浜の2017年下半期No1注目店と言ってもいいんじゃないでしょうか。
それだけの注目店なら並びも凄いだろうなぁと思って行ったら、まさかのPPゲットでした(^o^;)


メニュー

本日のお品書き。本店同様にこちらも日替わりメニューみたいですね。

今回は煮干蕎麦肉増しでお願いしました。本当は赤星も呑む気満々だったんですけど、お酒の提供はしばらく無いそうです。残念(^o^;)

煮干蕎麦+肉増し ¥750+250

煮干蕎麦+肉増し

着席してわずか数分で提供。佐藤店主を始め慣れてらっしゃるスタッフさん達だったので、無駄のないオペレーションは流石です。

スープ

本日はアゴ(トビウオ)出汁ベース。エグみは控えめでじんわりと旨味が優しく広がるタイプ。とても美味しいスープです。

麺リフト

ツルパツの細ストレート麺。麺箱には菅野製麺所と書かれていました。

肉増し

ピンク色のレアチャーシューはたっぷり。今日は別皿での提供はなしとのことでした。これも落ち着いてきてからになるのかな。

麺を食べ終えたところで追加オーダー。四川式カレーの和え玉のハーフをお願いしました。

四川式カレーの和え玉(ハーフ) ¥250

四川式カレーの和え玉(ハーフ)

今日の和え玉には魚粉の代わりに鶏節が入っていました。相変わらず程よい辛さとニンニクのパンチは病みつきになりますね。
半分食べ終えたところで煮干蕎麦の余ったスープに投入して完食。

佐藤店主もいたので当たり前ですが、本店と遜色ない美味しさでした。

外観

お会計を済ませ外に出たら30人ほどの大行列になっていました。やはりこの店の人気は凄いものがありますね。

看板


まだ初日なので、本店との差異は広々としていて落ち着くなぁぐらいしか見い出せませんでしたが、きっとこれから色々と新しい展開を見せてくれるでしょう。楽しみです。

改めて開店おめでとうございます。ごちそうさまでした!

店舗情報

店名 弘明寺丿貫ぐみょうじへちかん
住所 神奈川県横浜市南区通町4-111(地図
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン 弘明寺駅より徒歩2分
公式サイト
レビューサイト

護国寺「MENSHO」 挽きたて小麦つけめん

MENSHO

看板

昼営業のみだった護国寺のMENSHOが夜営業を開始したとのことで、遅ればせながら初訪問してきました。


券売機

メニューは潮らーめん、醤油らーめん、挽きたて小麦つけめん、ヴィーガン担々麺を展開。
蘊蓄を読むと、素材に相当拘っているようで、わりと高めの価格設定となっています。

今回は挽きたて小麦つけめんをオーダーしました。

挽きたて小麦つけめん ¥1000

挽きたて小麦つけめん

ほどなくして提供。

温泉水と塩

つけ汁と麺以外に提供されたこちらは温泉水と塩とのこと。先にこれで麺だけを味わってくださいとのアナウンス。

麺

麺は茶色い自家製麺。玄麦を店内の石臼で挽いて製粉してから製麺を行っているのだそう。すごい拘りよう。流石にここまでやると小麦の香りが別格になりますね。

つけ汁

つけ汁は岩手鴨と野菜から出汁を取ったという鴨清湯。無化調と言うこともあってか、わりとあっさり目の仕上がり。
つけ麺というより日本蕎麦を食べているような感覚に陥りました。

鴨チャーシュー

具では表面に炙りの入った鴨チャーシューが絶品過ぎました。こちらもきっと手間暇かけているのでしょうね。

最後にスープ割りをお願いして完食。


1000円という価格はわりと壁を感じる価格なのですが、これだけ手が込んでいるならむしろ安いぐらいじゃないでしょうか。

それで通うかと言えばまた別問題。話のネタとして一回ぐらい行くならありかなと思いました。

ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 MENSHO
住所 東京都文京区音羽1-17-16 中銀音羽マンシオン1F(地図
アクセス 東京メトロ有楽町線 護国寺駅より徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅より徒歩12分
公式サイト
レビューサイト

御徒町「らーめん 鴨to葱」 鴨・葱・水のみで作った無化調ラーメン。

らーめん 鴨to葱

外観

御徒町の「らーめん 鴨to葱」へオープン初日に訪問。

場所はJRのガード下。御徒町駅北口から徒歩一分という好立地。並びができるほどの盛況ぶりでした。


メニュー
メニュー

券売機

メニューは鴨らぁ麺、鴨わんたん麺、鴨汁つけそば、鴨コンフィ麺。
「究極の食べ合わせ」と称して、トロたくちらしか鴨to葱の小親子丼のセットもありました。
さらに火木限定で鴨to葱の親子丼も提供予定とのこと。

月替わりの選べるネギ

こちらで面白かったのはネギが選べること。「今月の」って書いてあるのでおそらく月替わりなのでしょうね。
この日は鴨らぁ麺は九条ねぎ、淡路島産玉ねぎ、丸太白葱の三種類の中から二種類、鴨汁つけそばはニラか丸太白葱のどちらかが選べました。
なお鴨らぁ麺は一種類でダブルというオーダーもできるようです。

今回は鴨わんたん麺をオーダー。ネギは九条ねぎと淡路島産玉ねぎでお願いしました。

鴨わんたん麺(九条ねぎ、淡路島産玉ねぎ) ¥900

鴨わんたん麺

着席してから提供まで少し時間がかかりました。初日なのでオペレーション慣れしてないのは仕方のないところですが、バタバタし過ぎて心配になるレベル(^o^;)

そして提供されたのは一見小ぶりに見える器。でもかなり深さはあるので、決して少ないわけではなさそうです。

スープ

国産合鴨と水のみで炊きあげたというスープは無化調ながらもグイグイと惹きつける力強いスープ。ちょっとオイリーさが気になりましたが、とても美味しいスープです。

「鴨・葱・水」のみと言いつつ醤油も使ってるじゃんっていう野暮なツッコミは止めておきますね。

麺リフト

全粒粉入りの中細ストレート麺。麺箱は確認できませんでしたが、お花が出ていたのでおそらく三河屋製麺製。少し柔らかめの茹で加減でした。

器が小ぶりなので分かりづらかったのですが、麺量は平均レベルはありました。ただこの器のためか大盛はできないみたいです。

鴨チャーシュー

鴨のチャーシューは小ぶりですがとってもジューシーで美味しいかった。
玉ねぎは甘めでシャキシャキ感を加えてくれます。九条ねぎはもう少し欲しいかなぁ。

ワンタン

トッピングのワンタンはチュルンとした食感でとても僕好みでした。

美味しく完食。


初日なのでオペレーションの拙さはさておき、味の方はなかなか完成度の高い一杯でした。落ち着いた頃にまた行ってみたいなと思いました。

ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 らーめん かもtoねぎ
住所 東京都台東区上野6-3-6(地図
アクセス JR山手線他 御徒町駅より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線 上野御徒町駅より徒歩4分
東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅より徒歩4分
公式サイト
レビューサイト

黄金町「麺場 鶏源 黄金町店」(18)スパイシーカレー麺がリニューアル!

麺場 鶏源 黄金町店

外観

黄金町の麺場 鶏源へ訪問。


リニューアル告知

今回のお目当ては先月リニューアルした鶏白湯 スパイシーカレー麺でした。
こちらは一日十食限定メニューになります。でも毎日提供しているので、夜営業でもだいたい残っています。

鶏白湯 スパイシーカレー麺Ver.2(柔らかめ) ¥850

鶏白湯 スパイシーカレー麺Ver.2

提供。カレーの匂いが食欲をそそります。

スープ

リニューアル前は粘度のあるスープだったと記憶していますが、今回はさらりとしています。和風出汁を加えた影響でしょうか?

辛さはほどほど。辛さの中にも鶏白湯の甘さも感じられバランスよく仕上がっています。ポップに書いてあるとおり、たしかに以前より食べやすくなった気がします。

麺リフト

麺は細ストレート麺。柔らかめオーダーは文句なしの茹で加減でした。

野菜とコロチャー

たっぷり入ったシャキシャキの炒め野菜とコロチャー。相変わらずこのスープと麺によく合っていると思います。

美味しく完食。


リニューアル後も相変わらずの美味しさでした。

ふと今回思いついたのですが、最後にライスを頼んで余ったスープに入れるという楽しみ方もできそうだなぁと思いました。

ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 麺場めんば 鶏源とりげん 黄金町店こがねちょうてん
住所 神奈川県横浜市南区前里2-42 矢沢ビル102(地図
アクセス 京浜急行線 黄金町駅より徒歩2分
横浜市営地下鉄ブルーライン 阪東橋駅より徒歩7分
公式サイト
レビューサイト

日ノ出町「麺屋 清星(せいせい)」 正当派の担々麺が味わえます。

麺屋 清星

外観

日ノ出町の「麺屋 清星」へ訪問。2017/6/1オープンのお店になります。


看板

場所は「桜鳥」「横浜市中区宮川町3丁目ラーメン」と続いた場所の居抜きになります。
ただ雑然としていた前二店と異なり、清潔感のある綺麗な店内になっていました。

メニュー

メニュー。麺類は五種類の担々麺と熟成醤油ラーメンを提供。
さらにランチタイムはおかわり自由のライスか杏仁豆腐のサービスもありました。

今回は清星特製担々麺パクチーのトッピングでお願いしました。

清星特製担々麺+パクチー ¥830+100

清星特製担々麺+パクチー

パクチーは別皿での提供でした。

清星特製担々麺

盛り付けも綺麗でとても美味しそうです。

スープ

無化調というスープはさらりとしたスープ。それでいてコクもあり、とても美味しいです。ナッツがたっぷり入っているのも嬉しいところ。

麺リフト

麺は中細ストレート麺。適度な茹で加減でした。さらりとしたスープなので喉ごしが良い感じです。

辛さと痺れは最初はそれほど感じませんでしたが、あとからジワジワときました。僕的には程よい辛さと痺れでした。
辛いのが苦手な方は券売機で「辛さひかえめ」と書かれたボタンを選んだ方が良さそうです。

とても美味しい正当派の担々麺でした。推測ですが店主さんはきちんとした中華のバックグラウンドがある方なのかもしれません。

杏仁豆腐

杏仁豆腐

ランチタイムサービスは杏仁豆腐をいただきました。
辛い物を食べたあとの甘い物って良いですね。良い舌休めになりました。


駅近くなのに目立ちにくい鬼門の立地ですが、今度は長く続いて欲しいなぁと思います。
ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 麺屋めんや 清星せいせい
住所 神奈川県横浜市中区宮川町3-91 エクレール横浜一番館 B003(地図
アクセス 京浜急行線 日ノ出町駅より徒歩3分
公式サイト
レビューサイト

末広町「九十九里煮干つけ麺 志奈田」 パクチーがよく合うピリ辛な煮干しつけ麺。

九十九里煮干つけ麺 志奈田

外観

末広町の「九十九里煮干つけ麺 志奈田」へオープン初日に訪問。
こちらは「志奈そば 田なかsecond」からリニューアルしたお店になります。

お昼前の到着でしたが、思っていたより並びは少なくすぐに入店できました。


券売機

メニューは限定以外はほぼフルラインナップでのスタートのようです。

メニュー

主なメニューは純濃煮干つけ麺、辣濃辛煮干つけ麺、淡麗汐煮干つけ麺、鴨脂煮干醤油つけ麺、純濃煮干そば、淡麗汐煮干そば、鴨脂煮干醤油そば。

さらに曜日限定イベントとして、木曜日は濃厚海老そばと海老吟醸そば、金曜日は勝浦タンタン麺を提供予定とのこと。

つけ麺の麺量

つけ麺は並盛、中盛、大盛が同一料金。それぞれ茹で後、240g、360g、480gとのこと。

ラーメンの替え玉・和え玉

らーめんには替え玉もあります。純濃煮干そば専用の和え玉もありました。最近、和え玉を提供しているお店増えましたよね。

気になるメニューが多く迷いましたが、今回は辣濃辛煮干パクチーつけ麺をオーダーしました。

辣濃辛煮干パクチーつけ麺 ¥990

辣濃辛煮干パクチーつけ麺

しばらくして提供。つけ汁の赤とパクチーの緑のコントラストがとても綺麗。美味しそうです。

つけ汁

つけ汁は少し粘度のある濃厚タイプ。煮干しのエグみは少なく、ほんのりビターと言ったところ。少し洋のテイストも感じられます。
表面に浮いた辣油は辛さ控えめ。辛いもの好きには物足りなさを感じるかもしれません。個人的には辛さ調整できると嬉しいかな。

レアチャーシュー&パクチー

麺の上に盛りつけられたレアチャーシューとパクチーは見た目以上にたっぷりでした。僕はどちらも大好きなので堪りませんでした。

麺リフト

麺は平打ちの多加水麺。ピロピロとした食感で濃厚なつけ汁との絡みは文句なし。

ラストはスープ割りで完食。並盛でしたがお腹いっぱいになりました。


人気店のリニューアルということで期待通りの美味しさでした。

他にも気になるメニューがいくつかあったので、タイミングが合えばリピートしたいなと思いました。
ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 九十九里煮干くじゅうくりにぼしつけめん 志奈田しなだ
住所 東京都千代田区外神田3-4-1(地図
アクセス 東京メトロ銀座線 末広町駅より徒歩5分
JR山手線駅他 秋葉原駅より徒歩7分
公式サイト
レビューサイト

秋葉原「らあめん 広」 広島らあめん

らあめん 広

外観

「大喜」からの連食で秋葉原の「らあめん 広」へ。こちらも宿題店の一つでした。


券売機

メニューは主に広島のご当地麺を中心とした構成。広島らあめん、広島つけ麺、広島式汁なしタンタン麺、鶏塩生姜らあめんなど。

今回は広島らあめんをオーダーしました。

広島らあめん ¥750

広島らあめん

ほどなくして提供。

スープ

スープは少しとろみのある豚骨醤油。家系を始めとする関東の豚骨醤油とはまた違った味わい。しつこさはなくさらっと食べられるあたりは九州系の豚骨を思い出しました。

甘塩っぱさは好みの分かれるところかもしれませんが、僕は好きなタイプです。

麺リフト

麺は中細ストレート麺。三河屋製麺製とのこと。

チャーシュー

具は薄めの豚バラチャーシュー、モヤシ、ネギ。シンプルな構成ですが、このスープにはよく合っていて、良い意味でのB級グルメ感がありました。


僕は本場の広島で食べたことないので、これがどれだけ再現性があるのかは分かりませんが、なかなか美味しかったです。機会があれば広島のものと食べて比べてみたいですね。

ごちそうさまでした。

店舗情報

店名 らあめん ひろ
住所 東京都千代田区神田佐久間町2-25 梅屋ビル1F(地図
アクセス JR山手線他 秋葉原駅より徒歩5分
都営地下鉄新宿線 岩本町駅より徒歩8分
公式サイト
レビューサイト